短歌厚木水甕 澪の会

神奈川県厚木市の短歌会「澪の会」のブログです

*各評は講師の砂田や会の皆様から出た意見をブログ管理人(畠山)が独自にまとめたものです。各歌の著作権は各作者にあり、ブログ内で例として挙げた歌で著者名を記していないものの著作権は私(畠山)にありますので、そのまま真似してどこかに投稿したりは絶対にしないでくださいね。尚、「こう直したらどうでしょう・こんな感じに歌ってみたらどうでしょう」として書いている歌はその歌の原作者様(各歌の()内の名前の方)に著作権があるものとします。

2024-01-01から1年間の記事一覧

◆歌会報 2024年5月 (その1)

◆歌会報 2024年5月 (その1) 第144回(2024/5/17) 澪の会詠草(その1) 1・豌豆の花どき短くて実を付ける物足りなさで初物食べる(栗田) まず「花どき短くて」だと九音なので「て」は取って八音まで減らしましょう。 豌豆の花どきが短く、そこに物足…

猫見つかりました!

脱走してから一か月。 全然有力な目撃情報もなく、「もしかしたら事故に遭ってしまったのかも」と弱気になりつつあったのですが、近所の方から「似た猫がいた」と電話があり、駆け付けたところうちの猫でした! ただ、その場で呼んでも、おやつで釣ってもじ…

猫が脱走してしまった

一番若い3歳のメス猫が脱走して行方不明になってしまいました。 【名前】めっと(めったん) 【種類】MIX 短毛 白黒 【性別・年齢】メス(避妊済)・もうすぐ4歳 【体型】ややデブ(5㎏) 【性格】臆病・人見知り 4月3日(水)午後4時頃 神奈川県相模…

◆歌会報 2024年3月 (その2)

◆歌会報 2024年3月 (その2) 第142回(2024/3/15) 澪の会詠草(その2) 14・「感謝」とか不穏な言葉の置き土産夜逃げのようにある日突然(山本) 「感謝」などと言いながらもある日突然夜逃げのように作者の元から離れてしまった知人がいたということ…

◆歌会報 2024年3月 (その1)

◆歌会報 2024年3月 (その1) 第142回(2024/3/15) 澪の会詠草(その1) 1・「友達になって下さい」Gパンの教授は熱く成果を語り(山本) まずこの「友達になって下さい」というセリフは誰が誰に言ったものなのか。多分ジーパンの教授が言ったものだ…

◆歌会報 2024年2月 (その2)

◆歌会報 2024年2月 (その2) 第141回(2024/2/16) 澪の会詠草(その2) 13・お薬師へお供の愛甲三郎は正室に恨まれ館焼かれる(戸塚) これも一首目と同じで知識の報告だけで三十一音がいっぱいになってしまい、作者の感情が入る余地が無くなってしま…

◆歌会報 2024年2月 (その1)

◆歌会報 2024年2月 (その1) 第141回(2024/2/16) 澪の会詠草(その1) 1・側室は頼朝の子を身籠りて日向薬師へ安産祈願(戸塚) 意味は分かるのですが、パンフレットの一文を読み上げたようで、報告だけで終わってしまっているため作者の感情が分か…

◆歌会報 2024年1月 (その2)

第140回(2024/1/19) 澪の会詠草(その2) 13・よりによりお元日です震度七テレビ画面は突如暗転(山本) 本当に今回の地震、「よりによって元日に!」という気持ちが強い人は多いのではないでしょうか。 もちろん大地震が起きてもいい日なんてあるわけ…

◆歌会報 2024年1月 (その1)

第140回(2024/1/19) 澪の会詠草(その1) 1・新年の初荷寿ぐ半世紀静かに一歩商道という(山本) 新年の初荷を祝う半世紀。静かに一歩ずつ商いの道をゆく。ということでしょうか。「一歩」とあるので「商道という」ではなく「商道をゆく」ではないでし…