短歌厚木水甕 澪の会

神奈川県厚木市の短歌会「澪の会」のブログです

*各評は講師の砂田や会の皆様から出た意見をブログ管理人(畠山)が独自にまとめたものです。各歌の著作権は各作者にあり、ブログ内で例として挙げた歌で著者名を記していないものの著作権は私(畠山)にありますので、そのまま真似してどこかに投稿したりは絶対にしないでくださいね。尚、「こう直したらどうでしょう・こんな感じに歌ってみたらどうでしょう」として書いている歌はその歌の原作者様(各歌の()内の名前の方)に著作権があるものとします。

◆歌会報 2024年5月 (その1)

◆歌会報 2024年5月 (その1) 第144回(2024/5/17) 澪の会詠草(その1) 1・豌豆の花どき短くて実を付ける物足りなさで初物食べる(栗田) まず「花どき短くて」だと九音なので「て」は取って八音まで減らしましょう。 豌豆の花どきが短く、そこに物足…

猫見つかりました!

脱走してから一か月。 全然有力な目撃情報もなく、「もしかしたら事故に遭ってしまったのかも」と弱気になりつつあったのですが、近所の方から「似た猫がいた」と電話があり、駆け付けたところうちの猫でした! ただ、その場で呼んでも、おやつで釣ってもじ…

猫が脱走してしまった

一番若い3歳のメス猫が脱走して行方不明になってしまいました。 【名前】めっと(めったん) 【種類】MIX 短毛 白黒 【性別・年齢】メス(避妊済)・もうすぐ4歳 【体型】ややデブ(5㎏) 【性格】臆病・人見知り 4月3日(水)午後4時頃 神奈川県相模…

◆歌会報 2024年3月 (その2)

◆歌会報 2024年3月 (その2) 第142回(2024/3/15) 澪の会詠草(その2) 14・「感謝」とか不穏な言葉の置き土産夜逃げのようにある日突然(山本) 「感謝」などと言いながらもある日突然夜逃げのように作者の元から離れてしまった知人がいたということ…

◆歌会報 2024年3月 (その1)

◆歌会報 2024年3月 (その1) 第142回(2024/3/15) 澪の会詠草(その1) 1・「友達になって下さい」Gパンの教授は熱く成果を語り(山本) まずこの「友達になって下さい」というセリフは誰が誰に言ったものなのか。多分ジーパンの教授が言ったものだ…

◆歌会報 2024年2月 (その2)

◆歌会報 2024年2月 (その2) 第141回(2024/2/16) 澪の会詠草(その2) 13・お薬師へお供の愛甲三郎は正室に恨まれ館焼かれる(戸塚) これも一首目と同じで知識の報告だけで三十一音がいっぱいになってしまい、作者の感情が入る余地が無くなってしま…

◆歌会報 2024年2月 (その1)

◆歌会報 2024年2月 (その1) 第141回(2024/2/16) 澪の会詠草(その1) 1・側室は頼朝の子を身籠りて日向薬師へ安産祈願(戸塚) 意味は分かるのですが、パンフレットの一文を読み上げたようで、報告だけで終わってしまっているため作者の感情が分か…

◆歌会報 2024年1月 (その2)

第140回(2024/1/19) 澪の会詠草(その2) 13・よりによりお元日です震度七テレビ画面は突如暗転(山本) 本当に今回の地震、「よりによって元日に!」という気持ちが強い人は多いのではないでしょうか。 もちろん大地震が起きてもいい日なんてあるわけ…

◆歌会報 2024年1月 (その1)

第140回(2024/1/19) 澪の会詠草(その1) 1・新年の初荷寿ぐ半世紀静かに一歩商道という(山本) 新年の初荷を祝う半世紀。静かに一歩ずつ商いの道をゆく。ということでしょうか。「一歩」とあるので「商道という」ではなく「商道をゆく」ではないでし…

◆歌会報 2023年12月 (その2)

◆歌会報 2023年12月 (その2) *各評は講師の砂田や会の皆様から出た意見をブログ管理人(畠山)が独自にまとめたものです。各歌の著作権は各作者にあり、ブログ内で例として挙げた歌で著者名を記していないものの著作権は私(畠山)にありますので、その…

◆歌会報 2023年12月 (その1)

◆歌会報 2023年12月 (その1) *各評は講師の砂田や会の皆様から出た意見をブログ管理人(畠山)が独自にまとめたものです。各歌の著作権は各作者にあり、ブログ内で例として挙げた歌で著者名を記していないものの著作権は私(畠山)にありますので、その…

◆歌会報 2023年11月 (その2)

◆歌会報 2023年11月 (その2) *各評は講師の砂田や会の皆様から出た意見をブログ管理人(畠山)が独自にまとめたものです。各歌の著作権は各作者にあり、ブログ内で例として挙げた歌で著者名を記していないものの著作権は私(畠山)にありますので、その…

◆歌会報 2023年11月 (その1)

◆歌会報 2023年11月 (その1) *各評は講師の砂田や会の皆様から出た意見をブログ管理人(畠山)が独自にまとめたものです。各歌の著作権は各作者にあり、ブログ内で例として挙げた歌で著者名を記していないものの著作権は私(畠山)にありますので、その…

今月の歌会報と来月の歌会について

今月(2023年10月)の歌会報ですが、誠に勝手ながらお休みとさせていただきます。 いつも読んで下さっている方には大変申し訳ありません。 家の老猫(16歳)が眼内出血してしまい、病院にかかったり何だりでちょっとまとめる余裕がなさそうなので…。…

◆歌会報 2023年9月 (その2)

◆歌会報 2023年9月 (その2) *各評は講師の砂田や会の皆様から出た意見をブログ管理人(畠山)が独自にまとめたものです。各歌の著作権は各作者にあり、ブログ内で例として挙げた歌で著者名を記していないものの著作権は私(畠山)にありますので、そのま…

◆歌会報 2023年9月 (その1)

◆歌会報 2023年9月 (その1) *各評は講師の砂田や会の皆様から出た意見をブログ管理人(畠山)が独自にまとめたものです。各歌の著作権は各作者にあり、ブログ内で例として挙げた歌で著者名を記していないものの著作権は私(畠山)にありますので、そのま…

◆歌会報 2023年8月 (その2)

◆歌会報 2023年8月 (その2) *各評は講師の砂田や会の皆様から出た意見をブログ管理人(畠山)が独自にまとめたものです。各歌の著作権は各作者にあり、ブログ内で例として挙げた歌で著者名を記していないものの著作権は私(畠山)にありますので、そのま…

◆歌会報 2023年8月 (その1)

◆歌会報 2023年8月 (その1) *各評は講師の砂田や会の皆様から出た意見をブログ管理人(畠山)が独自にまとめたものです。各歌の著作権は各作者にあり、ブログ内で例として挙げた歌で著者名を記していないものの著作権は私(畠山)にありますので、そのま…

◆八月の歌会

暑い日が続きますね。 エアコンは一晩つけっぱなしでも電気代は20円ちょっと(六畳用)らしいので、しっかり使いましょう。起動時に一番電気を使うため、ヘタに節約をしようとこまめに点けたり消したりすると逆に電気代はかかってしまうようですよ。 さて、…

◆歌会報 2023年7月 (その2)

◆歌会報 2023年7月 (その2) *各評は講師の砂田や会の皆様から出た意見を畠山が独自にまとめたものです。 第134回(2023/07/21) 澪の会詠草(その2) 13・夕月夜義母を惜しみて濃紫トルコキキョウのはらりと揺れて(山本) 月がかかっている夕方、義…

◆歌会報 2023年7月 (その1)

◆歌会報 2023年7月 (その1) *各評は講師の砂田や会の皆様から出た意見を畠山が独自にまとめたものです。 第134回(2023/07/21) 澪の会詠草(その1) 1・紫陽花も雨こそ似合え花しょうぶうちひし枯れて梅雨はいずこへ(小夜) 紫陽花も雨こそが似合…

◆結句はしっかり座らせよう

◆結句はしっかり座らせよう(七音と終止形) 結句(けっく)。五七五七七の最後の「七」の部分ですね。ここは本来歌の「締め」部分であり、一番大切な事を描く場面なのです。 「結句」の名の通り、物語で言えば起承転結の結。ここがしっかりしていないと途中…

6/16(金)の澪の会について

すみません。管理人(畠山)、帯状疱疹に罹りまして今月の歌会を欠席させていただきます。 なので今月の歌会報もお休みとさせていただきます。(歌会はやります)。 もし当日(6/16)にお時間の余裕のある会員さまがおられましたら、11時50分頃からお部屋…

◆歌会報 2023年5月 (その2)

◆歌会報 2023年5月 (その2) *各評は講師の砂田や会の皆様から出た意見を畠山が独自にまとめたものです。 第132回(2023/05/19) 澪の会詠草(その2) 13・長野から実家の種をお取り寄せ恥ずかしそうに菜の花咲いた(山本) 長野の実家からわざわざ種…

◆歌会報 2023年5月 (その1)

◆歌会報 2023年5月 (その1) *各評は講師の砂田や会の皆様から出た意見を畠山が独自にまとめたものです。今月は第三金曜日が早め(19日)だったので「余裕、余裕」とだらだらしていたら、あっという間に月末になってしまい慌てて書きました。すいません。…

◆歌会報 2023年4月 (その2)

◆歌会報 2023年4月 (その2) *各評は講師の砂田や会の皆様から出た意見を畠山が独自にまとめたものです。 第131回(2023/04/21) 澪の会詠草(その2) 13・夫(パパ)なんか忘れてしまえ青い空水上ジェット若き男と(山本) なかなかに冒険的な表現の歌…

◆歌会報 2023年4月 (その1)

◆歌会報 2023年4月 (その1) *各評は講師の砂田や会の皆様から出た意見を畠山が独自にまとめたものです。 第131回(2023/04/21) 澪の会詠草(その1) 1・いつの日かキエフ・ロシアに作りたい無人売店は平和の象徴(山本) 性善説と信頼の上に成り立…

◆歌会報 2023年3月 (その2)

◆歌会報 2023年3月 (その2) *各評は講師の砂田や会の皆様から出た意見を畠山が独自にまとめたものです。 第130回(2023/03/17) 澪の会詠草(その2) 14・「アマゾン」って知ってるゥ若者に七十九歳負けていられぬ(山本) 「アマゾンって知ってるゥ…

◆歌会報 2023年3月 (その1)

◆歌会報 2023年3月 (その1) *各評は講師の砂田や会の皆様から出た意見を畠山が独自にまとめたものです。 第130回(2023/03/17) 澪の会詠草(その1) 1・いつ聞くも胸熱くなり「花は咲く」漆黒の里時又流れ(山本) 「花は咲く」は東北大震災の復興…

◆歌会報 2023年2月 (その2)

◆歌会報 2023年2月 (その2) *各評は講師の砂田や会の皆様から出た意見を畠山が独自にまとめたものです。 第129回(2023/02/17) 澪の会詠草(その2) 14・デザートのマンゴープリン食べながら甘さも量も亡夫(きみ)に程良き(山本) デザートのマンゴ…